4.考えずに動けるシンプルな導線

間仕切りが多い個室型店舗でも
作業性とデザイン性を両立

個室型の店舗の場合、仕切り壁が多くなり導線が複雑になります。また、導線が長くなり単調な通路が続くお店になりがちです。そこで、作業導線と顧客導線を分けて考え、顧客が通る通路にはデザイン性を高めた仕掛けを設計します。

限られたスペースでも
共有導線でシンプルに

作業導線も顧客導線も広くて使いやすくできるほど恵まれた条件は少なく、常に限られた条件下での計画が求められます。まとめる事ができる導線は一つにまとめ、その導線を複数人で共有する導線を計画する事で、限られたスペースでも効率的な導線を実現します。

独自の商品やサービスでも
価値を高める顧客導線

一般的な導線計画に当て込んで計画してしまうと、商品やサービスの独自性を損なう事があります。独自性が高い商品やサービスであればあるほど、価値を下げない顧客導線を常に検証するべきです。独自性の高い商材には、独自性を活かす導線を計画します。