BLOG

ブログ

〈店舗専門で設計デザインしている強み〉

【ご希望に合わせた進め方に柔軟に対応できます】

3月19日は、大阪市キックボクシングスタジオの現場調査でした。すでにプランニングは進めており、方向性も先に決まっています。このような進め方の場合は、既存内装の解体完了後に、詳しい現場調査を行います。そして、調整を後から行います。まずは細かく外周周りの寸法を測って、躯体の図面から修正します。その後、すでに決まっている計画が成り立つのか、再度確認する作業を行います。手間が増えてしまうため、基本的には解体終了後に、寸法を測ってからプランを作ります。しかし、それではOPENのスケジュールが大幅に押してしまいますので、今回はこのような進め方をしています。出店者のご希望に合わせた進め方に柔軟に対応できるのも、店舗専門で設計デザインしており実績豊富だからだと思います。素敵なお店をデザインします。

ロベイション代表 山田真吾

関連記事一覧