BLOG

ブログ

12月4日(水)は、大阪で打合せでした。最近のホテル視察も兼ねて、いつも泊まるホテルとは違う、オープンしたてのホテルに宿泊しました。
 
昔のビジネスホテルのデザインとは違い、デザインの中に少し和の要素を少し織り交ぜた、明るく爽やかな印象のデザインでした。
 
レイアウトも、従来と大きく異なっています。洗面台とベッドのスペースに間仕切りがないのです。これは、とても使いやすく、考えられたミニマムデザインでした。
 
小さいスペースを、いかに使いやすく、オシャレにつくるか。これが店舗設計において、重要なポイントです。
 
そして収納や照明のスイッチなど、デザインの中に緻密な心遣いを感じられ、とても居心地のよいホテルでした。
 
改めて、ミニマムなスペースの中でいかに居心地の良い空間を計画できるのかがとても重要だと感じました。またホテル視察行きたいと思います!
 
ロベイション代表 山田真吾

関連記事一覧