BLOG

ブログ

〈入ってすぐに、壊せないごつい壁が…〉
【注意!不動産会社の間取り図は、かなり適当なことも】 
 
11月21日は、世田谷区で出店予定の美容室の現場内見の同行でした!
 
不動産会社からもらえる募集資料の間取り図を、事前にいただき現地調査へ。
 
あれ。
入り口から入ってすぐに、ごつい壁が。
これは確実に壊せない…
 
このようなケースもあるので、必ず現地確認が必要です。
 
壊せない壁の影響でかなり狭い空間になっており、結局こちらの物件は諦めることに。
しかし、すぐ隣の部屋も空いているとのことで中を見させていただくと、とても使いやすい長方形の間取りでした。
 
多少家賃が違うようですが、確実にこちらのお部屋をお勧めしました。
 
正直なところ、不動産会社からもらえる資料に記載されている間取り図の多くは、かなり適当です。
なぜなら、管理会社がおおよその間取りを、簡単に間取り図を描けるソフトを使って書いているからです。
 
物件選びの際は、まずは出店者の方が現地に行って、物件の立地や雰囲気を確認しましょう!
その後、必ずプロの目線で現場調査をしてもらうことをおすすめします。
専門家の意見を聞いて、最終的な判断をすれば、安心できます。
 
ロベイション代表 山田真吾

関連記事一覧