Loading

店舗で使われる照明器具の種類について

照明器具の種類

店舗でプランニングされている照明器具を確かめるには、照明配当図、照明器具リストを見る事で確認出来ます。照明器具の種類は多く、今回は「ダウンライト」と「スポットライト」についてお話します。

1.ダウンライト

スポットライトと同じく一般的な照明器具であるダウンライト。照明配当図、照明器具リストと呼ばれる図面を見ると確認する事が出来ます。
図面には記号で表記されており、ダウンライトを示す記号は「DL」になります。

照明器具の中でも機能的な違いや、種類が豊富な照明器具です。使い方次第で店舗の内装や外装の雰囲気を大きく変えることができます。

1-1.ダウンライトとは?

ダウンライトとは、天井に埋め込むタイプの照明器具です。

1-2.ダウンライトの特長

・ 光源(光の始まる位置) が高い為、眩しくならない構造の器具や光が広がる角度を選ぶ事ができる
・ 角度や向きをを変える事が出来る器具や、壁を当てる専用器具などがある
・ 照明器具設置後は、電気工事をしないと位置を動かす事が出来ない
・ 照明器具設置後は、電気工事をしないと台数を後から増やしたり減らしたり出来ない

1-3.ダウンライトの種類

●ダウンライト
ベースとなる室内の明るさを生み出す為に使われる照明器具。
また、作業面を照らす為にも使われます。
●ユニバーサルダウンライト
光の向きを変える事が出来る照明器具。
壁面に飾るアートやディスプレイを照らす照明として使われます。
●ウォールウォッシャー
壁を綺麗に演出する事が出来る照明器具。
感覚的な明るさ感を高めることができ、空間全体が広く見えるという効果を生み出す。

1-4.設置出来るケースと出来ないケース

●ダウンライトが設置出来るケース

・天井がある。または、天井を造る
・天井の変わりになる造作物を造る
・天井内部にスペースがある

●ダウンライトが出来ないケース

・天井がない
・天井はあるけど、内部にスペースが無い
・後から位置や灯数を変えたい

2.スポットライト

照明配当図、照明器具リストを見るとスポットライトが使われているのか確認出来ます。
図面には、「SP」と記号で表記されており、スポットライトを示します。
照明器具の中でも、多くの方が一度は聞いた事がある一般的な照明器具の一つです。

2-1.スポットライトとは?

スポットライトとは、配線ダクトと呼ばれるレールに取り付けて光を点灯するものです。

2-2.スポットライトの特長

・ 天井が低い物件の場合、明るさが広がりにくく暗い印象を与える事がある
・ 光の広がる角度がダウンライト程ではない
・ 器具の位置を動かす事が容易に出来る
・ 台数を後から増やしたり減らしたり出来る
・ 角度や向きを変える事が出来る

という様に、工事終了後でもある程度自由に位置を変えたり、数を増減できる事が大きな利点です。

2-3.スポットライトに関連する器具

●スポットライト
壁に飾られたディスプレイや一部の壁を照らす時に使われる照明器具。名前にもあるように、ポイントを照らすときに用います。
●配線ダクト(ダクトレール)
スポットライトを設置する時に用いる器具です。このレールにスポットライトを取付けます。

2-4.スポットライトを用いるケース

天井内部にダウンライトを設置するだけのスペースが無い場合や、天井をスケルトンで仕上げているデザインの時にスポットライトを用いる事があります。また、スポットライトを使用する事で電気工事が安くなるケースがある為、工事金額を少しでも抑える為にスポットライトを用いる事があります。

しかし、プロの観点からすると、天井が低い物件には出来るだけダウンライトを使う事をお勧めします。スポットライトの場合、照明直下の場所に光が集中しする事で周りに明るさが広がりにくくなります。その為、暗い店内だと印象づける要因になってしまいます。明るさと暗さのバランスやメリハリの作り方で内装の雰囲気が大きく変わります。選択肢が多いダウンライトを用いる事で、理想とする内装の雰囲気を作り込むことが出来ます。

3.まとめ

このような器具を、演出したい内容に合わせて設計する人が「照明デザイナー」や「照明プランナー」と呼ばれています。レイアウトプランによって光の演出も変わる為、店舗の設計デザイナーが照明デザイナーと細かな打合せをしてプランニングします。

最近では、LED製品が主流となり照明器具自体の大きさが小さくなった事もあり、使い易く機能的なダウンライトを使ってプランニングする事を進めます。天井内部にダウンライトを設置するだけの空間(スペース)が必要になますので、事前に天井内部の空間がどれほどあるのか確認しておきましょう。

天井が高くて良い条件の物件で開業出来るケースは少なく、理想物件と出会えあうことが出来なくても理想の店舗づくりをする為には、照明設計のプロに提案してもらう事が大切です。

照明演出の難しさ = 「光は生き物」

物件毎に照明を検証する為の条件が違います。
自然の光や内装の色、素材感、凹凸の有無、天井の高さなど、空間要因が光の演出を大きく左右させます。
照明をプランニングしてきた経験と、条件が違う環境下での実績が重要です。

無料相談会の申し込みアイコン

スムーズな店舗開業に欠かせない内装デザインの進め方

店舗のコンセプトを決める正しい方法と知識

関連記事

  1. 15坪以下の事務所物件を現場調査

    2017.08.04
  2. 無料の開業相談会について

    2017.09.04
  3. 店舗の内装デザインは誰に依頼すれば良いのか?

    2018.02.22
  4. カフェの改装にあたって目的を明確にする打合せ

    2017.06.01
  5. 群馬県で進行中の美容室の現場を設計監理してきました。

    2017.08.14
  6. 神奈川県で物販店舗の引渡し

    2017.05.18

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    プロフィール


    長野県出身

     

    資格 : 照明士 / 商業施設士 / 色彩検定2級

     

    飲食店専門のデザイン事務所である株式会社T/Y DESIGNと、日本全国であらゆる案件の設計デザインを請負う株式会社西脇一郎デザイン事務所をへて独立。飲食店や物販店、美容室などの商業に関わる空間の設計デザインを専門にした、株式会社Lovationを2017年に設立。

     

    空間は、人と人の間に位置する大切な環境であることから、「人を起点にした店舗デザインの提案」を大切にしたお店づくりを、丁寧に提供している。

    PAGE TOP