Loading

計画案の提案で大切にしている事

先日、新店舗出店の打合せをしてきました。
最初に提案する計画案では、店舗デザインを練る前のステップである、

「目的を実現する為の計画」と「目的を実現する為の選択肢」

について深く考え良く話す事を大切にしています。

店舗デザインのご依頼を頂いたお客様の目的は一人一人違う為、計画案を話し合う最初の提案打合せでは

「シンプルな雰囲気のお店にしましょう!」

とか、

「落ち着いた雰囲気のお店に!」

と言った話はしていません。

考えられる選択肢を取り入れた計画案を元に、どうすれば目的を実現する為に一番良いのか考え、悩んで、意見を交換する事に時間を使います。

お店が提供するサービスに満足して頂き、

「他のお店にはもう行けないね」

と言ってもらう為には、店舗デザインはどうあるべきなのか。
とことん考えます。

店舗デザインを練る前のステップである

「目的を実現する為の計画」と「目的を実現する為の選択肢」

について深く考え、良く話す事を大切にしています。

打合せ終了後にオーナーと写真を撮らせて頂きました。
夜の時間帯に打合せをしましたので、一日の疲れがおでこに…
僕のおでこはピカピカです。

オーナー様、遅い時間まで打合せありがとうございました。

集客率が変わる! 店舗レイアウトのポイントとは

店舗のデザインを決める素材はサンプル確認が重要

関連記事

  1. 神奈川県で物販店舗の引渡し

    2017.05.18
  2. 物販店舗の改装で空間デザインに求められている事

    2017.04.19
  3. 群馬県で美容室の工事がスタート!工事前の大切な打合せ

    2017.04.17
  4. 無料の開業相談会について

    2017.09.04
  5. 集客率が変わる! 店舗レイアウトのポイントとは

    2017.08.19
  6. 15坪以下の事務所物件を現場調査

    2017.08.04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    プロフィール


    長野県出身

     

    資格 : 照明士 / 商業施設士 / 色彩検定2級

     

    飲食店専門のデザイン事務所である株式会社T/Y DESIGNと、日本全国であらゆる案件の設計デザインを請負う株式会社西脇一郎デザイン事務所をへて独立。飲食店や物販店、美容室などの商業に関わる空間の設計デザインを専門にした、株式会社Lovationを2017年に設立。

     

    空間は、人と人の間に位置する大切な環境であることから、「人を起点にした店舗デザインの提案」を大切にしたお店づくりを、丁寧に提供している。

    PAGE TOP