Loading

設計図面の見方と確認すべきポイント(基本設計)

基本設計

お店を開業する時、店舗の外装や内装の設計デザインを設計するデザイン会社か、設計施工の会社に依頼します。 図面を元に施工会社に見積りを依頼する事になりますので、図面に描かれている事もある程度理解する事が大切です。

基本設計期間の打合せで見る図面についての見方や、図面から何を読み取ればいいのか、ポイントを絞ってお伝えします。

1.家具配置図

建物を水平に切断して、上から見ている図面の一つです。
美容室の場合は、鏡やセット椅子、シャンプー台、待合いの椅子など、家具がレイアウトしてある図面です。飲食店の場合は、厨房のレイアウトや椅子のレイアウト等が分かる図面です。

確認ポイント
・家具配置レイアウトの確認
・お客様の導線を確認
・スタッフの導線を確認
・家具と家具の間の通路寸法を確認
・セット面の間隔の寸法やシャンプー台の間隔の寸法を確認
・厨房の通路を確認

また、このような内容の確認と一緒に、家具が内装工事で制作する物なのか、または、どこにでも売られている既製品なのか。工事金額や空間デザインに関わる事なので確認しましょう。
工事見積りに入っているものと、自分で手配が必要な家具なのか見分ける事も出来ます。

2.平面図

建物を水平に切断して、上から見ている図面の一つです。壁と壁の距離を寸法で記載している図面で、通路の広さや部屋の中の広さなど、細かく寸法を確認できます。また、部屋と部屋を間仕切る壁の高さを記載しています。

確認ポイント
・セット面の椅子とミラーの寸法
​・セット面の椅子と壁の寸法
・部屋内の寸法
・間仕切り壁の高さ​

3.床伏図

建物を水平に切断して、上から床面を見ている図面です。通路やトイレなど、内装の床仕上げ材の表記や、床材の貼り方を描いた図面になります。段差や段差の高さについての記載もあります。

確認ポイント
・床の材料の確認
​・床上げがされるのか
・段差の高さ
・床材が切り替わる箇所はどの様にするのか​

4.天伏図

建物を水平に切断して、上から天井面を見ている図面です。エアコンの位置や天井換気扇の位置、照明器具、防災設備、天井の仕上げを記載しています。天井に間接照明がある場合は、間接照明の設置する掘込みについても記載があります。

​確認ポイント
・照明器具の設置位置
・作業面を照らす照明器具があるのか
​・天井換気扇の設置位置
・エアコンの設置位置と台数
・それぞれの器具が干渉しないのか​
・天井の仕上げ
​・掘込み天井など、天井部分の造作について

5.照明器具リスト

照明器具の配置図面にリンクしています。使う照明器具の写真や品番、台数、色温度、使用電気量が記載されています。使う照明器具が、スポットライトなのか、ダウンライトなのか、ペンダント照明の様な意匠照明が使われているのか、などの照明器具に関する事を確認出来ます。

​確認ポイント
・照明器具の台数
・器具の種類
・作業照度は足りるのか
・髪の毛の色を確認し易い色味の照明器具なのか
・光源の種類

6.配線系統図

照明器具の配置図面にリンクしていて、設置する照明器具のスイッチの系統分けを表しています。「このスイッチを入れたら、ここの照明器具が点灯するのか」と想像しながら確認してください。また、光の強さを調整する為の「調光機」の有無の確認をする事も出来ます。外部の照明器具だけタイマーを使って点灯したり、消えたり設定することもできます。その際はデザイナーに伝えましょう。

​確認ポイント
・照明器具スイッチの系統を確認
・調光機の有無を確認
​・スイッチの位置

7.コンセント配置図

コンセントの位置や種類を記載しています。ドライヤーや電子レンジなどの消費電力が高い器具を使う場所のコンセントは、他のコンセントと違った配線になっています。このようなコンセントは、電気容量の問題もありますので、早めに打合せして決めておく事が大切です。

確認ポイント
・コンセントの数
・コンセントの高さ
​・ドライヤーを使うコンセントは専用回路になっているか
・電話はどこに設置されるのか
​・コンセントの色

8.まとめ

設計図面から内容を読み取るのは難しいです。
しかし、全てを理解できなくてもポイントを読み取る事が大切です。「基本設計」でのポイントをまとめます。

・家具配置図:家具のレイアウト、導線、通路寸法、セット面の間隔の寸法、シャンプー台の間隔の寸法
・平面図:壁と壁の距離、通路寸法、部屋内の寸法
・床伏図:床材の貼り方や素材の確認、段差の確認

予算の把握の為に基本設計の資料を使い、概算見積りを施工会社に依頼します。
この段階で見る図面は、使い易くする為の希望を伝えて概算の見積りに反映してもらうタイミングでもあります。

ポイントを抑えておく事で、見慣れない図面も見やすくなりますので、確認するべきポイントを把握しましょう。
店舗づくりの「分からない」を「知ってる」に変えられたら幸いです。

カフェの改装にあたって目的を明確にする打合せ

15坪以下の事務所物件を現場調査

関連記事

  1. 集客率が変わる! 店舗レイアウトのポイントとは

    2017.08.19
  2. 神奈川県で工事中の物販店舗の中間検査

    2017.05.15
  3. 群馬県で美容室の工事がスタート!工事前の大切な打合せ

    2017.04.17
  4. 神奈川県にある物販店舗の改装工事初日

    2017.05.11
  5. 店舗のコンセプトを決める正しい方法と知識

    2017.11.01
  6. 店舗で使われる照明器具の種類について

    2017.10.10

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    プロフィール


    長野県出身

     

    資格 : 照明士 / 商業施設士 / 色彩検定2級

     

    飲食店専門のデザイン事務所である株式会社T/Y DESIGNと、日本全国であらゆる案件の設計デザインを請負う株式会社西脇一郎デザイン事務所をへて独立。飲食店や物販店、美容室などの商業に関わる空間の設計デザインを専門にした、株式会社Lovationを2017年に設立。

     

    空間は、人と人の間に位置する大切な環境であることから、「人を起点にした店舗デザインの提案」を大切にしたお店づくりを、丁寧に提供している。

    PAGE TOP