Loading

群馬県で美容室の工事がスタート!工事前の大切な打合せ

群馬県の現場打合せ風景

群馬県伊勢崎市で開業される美容室の工事が、本日スタートです。それにともない、施工会社のトリノスリフォーム株式会社さんと設計デザイン会社ロベイションの山田が現場で打合せです。

今日の工事内容はスムーズに終わっており、解体した事で分かる内容に対して質疑や納まりを確認します。
解体がある程度発生する現場では、解体すると出てくる課題あります。例えば、

・建築図面が無かった為、壁を解体してみると壊せない基礎が出て来たり…
・解体した壁の中に移設出来ない配管がでてきたり…

解体が伴う物件の場合、解体後の状況に柔軟に対応する必要があります。

そこで、ロベイションでは解体が終わったタイミングで必ず施工会社との打合せをしています。
あと、必ず現場が明るい時間帯に。

以外に時間が大切です。

というのも、冬の場合だと4時ぐらいから暗くなってしまう為、午前中などで日が射してる時間に打合せをします。

現場では仮設照明と呼ばれるオレンジ色の電球しか設置されていないため、暗くなると全然見えません。

仮設照明とはこんな感じです。

仮設照明

ん〜これじゃ細かいところまで確認でき無いですよね。

その為、明るい内に現場でこの様な事を確認します。

・現場寸法と設計寸法の誤差
・設計プランとの誤差を調整する為、どの場所の寸法を優先するのか。
・解体後、何か予測していなかった物(配管や柱など)で設計変更が必要なのか。
・それは壁から何ミリの位置にあって邪魔になっているのか。
・スケジュールに影響があるのか

今回の場合は、もともと理容室が入っていた事もあり、配管など無理なく使えるので安心です。
現場で細かい内容の確認と注意点を現場監督さんに伝え、しっかりと図面にメモしてもらいます。

この時、言った言わないを無くすため、必ず現場用で1部図面を準備して頂き、図面に直接メモを書いてもらう様にしています。
現場での確認や調整内容は必ずあります。

その度口答だけで進めてしまうと、振り返る事が出来ない為誰も正しい情報を把握できません。
細かい事ですが、必ず行う事で後々のリスクを回避できます。

今日から約3週間。工事完了まで宜しくお願いします!

素敵なお店をつくりましょう!

物販店舗の改装で空間デザインに求められている事

関連記事

  1. 美容室の引渡しで大切にしてる事

    2017.05.11
  2. 物販店舗の改装で空間デザインに求められている事

    2017.04.19
  3. 15坪以下の事務所物件を現場調査

    2017.08.04
  4. スムーズな店舗開業に欠かせない内装デザインの進め方

    2017.09.21
  5. 群馬県で進行中の美容室の現場を設計監理してきました。

    2017.08.14
  6. 神奈川県で物販店舗の引渡し

    2017.05.18

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    プロフィール


    長野県出身

     

    資格 : 照明士 / 商業施設士 / 色彩検定2級

     

    飲食店専門のデザイン事務所である株式会社T/Y DESIGNと、日本全国であらゆる案件の設計デザインを請負う株式会社西脇一郎デザイン事務所をへて独立。飲食店や物販店、美容室などの商業に関わる空間の設計デザインを専門にした、株式会社Lovationを2017年に設立。

     

    空間は、人と人の間に位置する大切な環境であることから、「人を起点にした店舗デザインの提案」を大切にしたお店づくりを、丁寧に提供している。

    PAGE TOP