BLOG

ブログ

〈他業種からも学ぶ!〉
【顧客の声を直接聞き、課題を解消する店舗運営】
 
ザ・ノース・フェイス ラボ は、マイジャケットの3D採寸を始めました。

面談で調整することにより「ぴったりフィット」を実現したのです。
 
このサービスが意味するのは、これだけ大きなブランドでも、顧客の声を直接聞いて、常に消費者の課題を見つけている、ということに他ならないでしょう。

言い方を変えれば、課題を解消するサービスを提供する事で、消費者のニーズに向き合っているのです。

「都会でも着れるし、アウトドアでも着れる」など、アパレル店舗の価値提供の努力やアピールの方法論は、店舗運営の大きさに関わらず、他業種でも役立つ実例になります。
 
ロベイション代表 山田真吾

関連記事一覧