BLOG

ブログ

群馬で進行中の施工現場にいきました。

設計監理のチェックと工程の確認です。

外壁の塗装や、一部外壁に装飾を加える箇所があるため、足場とネットが設置されています。

建物内部は、内側にある壁や床が剥がされ、下地が丸見えの状態です。


既存の使えない部分を解体して、新しい配管の施工が終わった段階です。

今回タカラの「ダンリュウ」を使うため、配管は循環システムになっています。

床を解体してみると束だらけ。

ここまでとは。と現場監督と笑い話です。

2階は既に天井の下地を造り始めていました。

いつもは、スケジュール確認、天井の高さ、壁の位置、給排水などの設備関連を確認して終了です。

しかし、今回はまだ終わりません。

雨漏りです。

店舗工事に関係ない箇所ですが、建築物の外壁のクラックや塗装の劣化が目立ち、

内部の雨漏れによるシミも見受けられたため、対処を考えます。

ここで何か対応しておかないと、お店を開店してから雨漏りしたのでは営業に支障が出てしまいます。

外壁の防水工事は、建築物を所有する大家さんの管理になりますので、

これから大家さんと調整して進める様、施工会社と打合せをして終了です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。