BLOG

ブログ

東京都世田谷区でプレミアム珈琲を提供するカフェから、改装にあたっての設計デザインのご依頼を頂きました。

ロベイションにご依頼頂いた方から優先して打合せをしています。

珈琲は、私がとても好きな飲み物の一つでしたが、今回ご依頼をいただくまでプレミアム珈琲については、詳しく知りませんでした。

店内に入ると、珈琲豆を入れる袋が沢山。

本格的な麻袋に入っているのを初めて見ました。

世界各地から買っている珈琲豆。

麻袋のデザインに、その国の特長が現れていて素敵です。

オーナー様はとても知識が豊富な方で、プレミアム珈琲についても色々教えて頂きました。

こちらのお店には、大きな焙煎する機械があって店内で焙煎しています。

店内で焙煎するお店が最近かなり増えてきましたが、こちらのお店は開業当時から焙煎する機械を取入れていました。

こだわりの珈琲をカフェで提供するのではなく、珈琲豆を販売する業務だけにシフトチェンジする為に改装をする事に決めた様でした。

まず、最初に行うのは目的の共有です。

お店をなぜ改装するのか。

改装の目的が、業務内容のシフトチェンジだけでは決してありません。

「コーヒー豆の販売に切り替える事」

から、目的をより深く掘り下げてみます。

深く掘り下げる為に色々とお話を伺うのがとても楽しい時間です。

すると、色々話して頂く中で分かってきました。

今回の改装で主要となるポイントは3つでした。

1.入口が分かりづらく、外からみた時に「珈琲豆」を取り扱っている事が分かる様にしたい。
2.店内が暗く、開業時のままのシンプルな内装な為、照明を改善してスペシャリティ珈琲を扱うブランド感を伝えるスタイリッシュな空間にしたい。
3.店内でコーヒーを提供するよりも、珈琲豆を持ち帰る人の割合が多いため、持ち帰りの方に向けた店内のつくりに変えたい。

会話を繰り返す事で得る事ができるこの様な想いは、お客様が一人では解決できない悩みの声だと思っています。

販売する商品は明確で、改装の際に必要としている事もお話の中から抽出する事が出来ました。

これから新しいお店に生まれ変わろうとしているお店の改装プロジェクトに、私が参加出来る事をとても嬉しく思います。

外観と内装の改装デザイン。

喜んで頂ける提案と施工金額のコントロールについて全力でご協力致します。
これから宜しくお願いします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。